お金が返せなくなったときの債務整理の種類

数社からの借金かさみ多重債務となった際、債務整理する方法として、主に任意整理、自己破産、個人再生の3種類があります。

 

任意整理は借金の利息をゼロにしてもらい、元金のみを月々分割で返済していく方法です。自己破産はすべての債務を整理しゼロにしてもらう方法でう、債務がなくなる代わりに個人の財産も失います。

 

個人再生は自己破産の一種ですが、債務すべてを帳消しにしてもらうのではなく金額を何分の1かに圧縮し、その圧縮された金額を返済する方法です。また、個人再生は住宅ローンを抱えている人が家を手放したくないとき、住宅ローンはそのまま残して返済していき、その他の債務を圧縮してもらうというときにも適用されます。

 

いずれも債権者との交渉は個人ではできません。弁護士、司法書士のみが債務者の代理人となって債権者との交渉にあたることができます。任意整理は債権者との交渉のみですが、自己破産と個人再生は最終的には裁判所の判断によるところとなります。

 

費用は弁護士よりも司法書士のほうが安く依頼できます。ただし、司法書士には交渉できる債務額に制限があり、また自己破産や個人再生での裁判の場では代理人となれないなどの制約があります。

どの方法であれ、とにかく早めに相談が鉄則です。お金が返せない悩み